大人の趣味発見!
多趣味になる?一生モノの趣味を見つける?
制作・学習

書道・習字

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

黒い墨の線が白い和紙の上を滑らかに流れる。
そう、「書道・習字」は日本が世界に誇る伝統芸術。
毛筆を使って文字を芸術的に表現する書道は、老若男女問わず楽しめる奥深い趣味なんです。
一文字一文字に心を込めて書く時間は、きっと心を洗ってくれるはず。
現代に生きる私たちにこそ、書道の魅力を味わってほしい。
あなたも伝統の美に触れながら、書道に親しんでみませんか。

こんな人におすすめ!

  • 日本の伝統文化に興味がある人
  • 美しい文字を書きたい人
  • 集中力を高めたい人
  • ストレス解消法を探している人
  • 自分だけの時間を大切にしたい人

始めたきっかけ

お店で書道の道具を選ぶ女性

学生時代に習字を習っていた経験から再開するケースは多いようです。
子供の頃は義務感で書いていたけれど、大人になって書道の良さを再発見。
そんな風に、遠ざかっていた書道に改めて向き合う人も少なくないんだとか。
大人になって字を書く機会が減り、自分の字に自信がなくなったのをきっかけに始める人もいるみたい。

また、日本文化に興味を持ったことが書道に目覚めるきっかけになることも。
海外の書道展で日本人の崇高な書道作品に感銘を受けて、自分でも書いてみたくなったという人もいるんですって。
書道の魅力に取り憑かれた外国人も、熱心に書道を学んでいるそうですよ。

書道と関わりの深い仕事に就いたのがきっかけで、あらためて書道と向き合うようになった人もいるんだとか。
看板書きや印章彫刻など、文字を扱う職人は書道の腕が物を言いますからね。
趣味の範疇を超えて、書道に打ち込む日々を送る職人魂は尊敬に値するでしょう。

  • 冠婚葬祭で宛名などを書く機会が多くなってきたので、上手に筆で書きたかったので。(30代 女性)
  • 字が綺麗に書けるようになりたくて(30代 女性)
  • 達筆な芸能人に憧れていて、自分も習えば上手くなるかなと思いトライしてみることにしました。(20代 女性)
  • 社会人になってメモを残すときの字の汚さに恥ずかしくなってはじめました。(30代 女性)
  • 小さい頃にやりたかったけどできなかったからです(20代 女性)
  • 字が綺麗になりたいからです。(50代 女性)
管理人
管理人
冠婚葬祭のときって目立ちますよね~!
達筆な方がほんと羨ましく感じます。

よかったこと・メリット

書道の最大の魅力は何といっても、美しい文字が書けるようになること。
ペン習字とは一味違う、書道ならではの表現力は見る者を魅了してやみません。
芸術性の高い書道作品は鑑賞する人の心を動かす力を持っています。
その感動を自分の手で生み出せるのは、書き手冥利に尽きるでしょう。

また集中力を高める効果も、書道の大きな魅力と言えます。
文字に気持ちを込めて向き合えば、雑念はいつの間にか消え去るもの。
修行僧が座禅を組むように、書道に打ち込む時間はまさに瞑想のとき。
日頃の喧騒から離れ、書道の世界に没頭できるのは至福のひとときと言えるでしょう。

古来より文人たちが書道と向き合ってきたのも、書道がもたらす精神修養の効果あってこそ。
書道を通して培われる美的感覚は、きっと人生をも豊かにしてくれるはず。
一字一字丁寧に向き合う姿勢は、生き方そのものにも通じるのかもしれません。

書道の魅力はそれだけではありません。
書道を通して生涯の仲間と出会えるのも、大きな醍醐味の1つ。
お稽古仲間との交流は、書道の楽しさを倍増させてくれること間違いなし。
時には良きライバルとして切磋琢磨し合える、かけがえのない存在になるでしょう。

作品発表の機会も、書道の大きな励みになります。
自分の作品が誰かの目に触れ、誰かの感性に響くかもしれない。
そんな喜びは、きっと書き手の創作意欲をかきたててくれるはず。
書道展や公募展に出品して、客観的な評価を受けるのも作品作りのモチベーションになるでしょう。

少しコツを覚えるだけで、字が格段にきれいになることです。いつでもどこでも紙と筆さえあれば練習が出来ますし、集中して字を書いていると心が休まります。墨の匂いも落ち着く感じがします。また、字が奇麗と褒められると本当にうれしくて、もっと練習して上手になりたいと思います。
(30代 女性 趣味歴3年以上)
習字をしている間は、時間を忘れて集中できます。日常の生活では日々の忙しさに追われてなかなか自分の時間をとることが難しく、何もかもスピード重視、効率重視になってしまいますが、字を書いているときには余計なことは一切考えず、一文字一文字丁寧に書くことができます。心と頭が休まる大切な時間です。
(30代 女性 趣味歴0ヶ月~6ヶ月未満)
それほど費用をかけることなく始められるのが良かったです。そして練習だけなら場所を選ばず出来るので、コツコツ続けられていいですね。先生に評価してもらって達成感を簡単に味わえるので頑張ろうという気になりますし、周りの人に上手くなったねと言われるのが嬉しくてやっています。
(20代 女性 趣味歴1年~3年未満)
パソコンがメインになると字を書く機会は減りましたが、
どこにいってもサインや急に字を書くことを求められたときも焦らず綺麗な字を書けるのは印象がいいと感じます。魅力は集中することができるので、精神的にリッラクスすることができるようになりました。
(30代 女性 趣味歴3年以上)
大人になってからやると、子どもの頃とは違って、集中して、楽しんでできるのかなと思いました。書くことに集中しながら、精神を落ち着かせることができて、ストレス発散にもなります。とても楽しいなーと思います。きれいな字だと、いい印象にもなるし、やってよかったです
(20代 女性 趣味歴1年~3年未満)
習字を書いているときは集中力がついてかつ字も綺麗に書けるようになり、人に字を綺麗に書いているねと褒められました。年賀はがきもすべて手書きで書きます。自分に自信が持てる良い趣味だと私は思いました。これからも趣味、書道と自慢したいです。次は賞状に挑戦したいです。
(50代 女性 趣味歴6ヶ月~1年未満)

残念なところも・デメリット

お店で書道の道具を選ぶ老夫婦

ただし、書道の道のりは決して平坦ではありません。
正しい姿勢や運筆、呼吸法など、基本を身につけるだけでも時間と根気が必要不可欠。
思うような線が引けず、幾度となく挫折しそうになるもの。
稽古を積み重ねても、理想の文字になかなか近づけない焦りに襲われることも。
書道の道は険しく、初心者泣かせと言われるのもうなずけます。

独学で書道を学ぶのは難しいもの。
本格的に学ぶなら先生についた方が確実ですが、稽古代も馬鹿になりません。
月謝に加えて、習字道具や和紙、墨など消耗品の出費も馬鹿になりません。
趣味とは言え、書道にどっぷりハマると意外とお金のかかる習い事だと実感するはず。
お稽古に通うための時間と交通費も必要になってきます。
仕事や家事に忙しい人には、習字教室に通うハードルも高いかもしれませんね。

また、書道の素晴らしさを実感できるようになるには、相応の学びも必要。
古典を臨書して名品に学んだり、書聖の伝記を読み漁ったり。
書道の世界を知れば知るほど、その奥深さに驚かされるはず。
しかしそれだけに、学びに終わりはありません。
生涯をかけても書道の道は尽きることがない。
それが書道の魅力でもあり、学ぶ者の宿命なのかもしれません。

墨で服を汚してしまった時は残念でした。
なかなか時間がとれないこと。
もっとすぐにうまくなるかと思っていたので、そう簡単には達筆な芸能人みたいにかけないんだなと痛感しました。
地味なので先生がいなかったら飽きていたかもしれません。
管理人
管理人
先生や、一緒に切磋琢磨できる仲間ができると続けやすくなりますね。

学習方法を教えて下さい

書道を始めるなら、まずは基本に触れることから。
近くのカルチャーセンターなどで、入門コースを受講してみるのがおすすめです。
プロの先生から、姿勢の作り方や筆の持ち方、運筆の仕方など基礎をしっかり学べるはず。
月に2〜4回のペースなら、習字教室に通うのもそれほど負担にはならないでしょう。

基本的な用具は、習字セットとして販売されているものを揃えれば十分。
初心者向けの書道セットなら、1万円以下で購入できます。
墨や硯、筆など、書道に必要なものはひと通り揃っているので便利ですよ。
本格的に挑戦したくなったら、徐々に良質な道具を揃えていくのがよいでしょう。

独学でやってみたい人は、書道関連の解説本を手に入れるのが先決。
基本的な用具の使い方から、作品を評価するポイントまで網羅した本を選ぶのがコツです。
YouTubeなどの動画サイトでも、書道家による丁寧な解説動画が視聴できるので参考になるはず。
古典の臨書に励みつつ、お手本を参考に自分なりの書道を模索していくのが上達の近道と言えるでしょう。

かな書道や篆刻、ペン字など、書道の世界も実は多岐にわたります。
自分の好みに合ったジャンルを見つけるのも、書道を楽しむコツかもしれません。
日本の伝統的な書体に加え、現代アートとしての書道など、書道の表現方法は無限大。
書道の世界の広がりを存分に味わうことで、きっと心豊かな趣味ライフが送れるはず。

書道の腕前に自信がついてきたら、作品作りにも励んでみては。
日頃の練習の成果を作品に昇華させることで、達成感が味わえるでしょう。
時には書道展に出品して、客観的な評価を受けてみるのも面白そう。
自分なりのペースで、書道の楽しみ方を広げていってくださいね。

書籍「基本が身につく 書道の教科書」で練習しています。
created by Rinker
¥1,595
(2024/04/25 17:20:14時点 Amazon調べ-詳細)

ダイソーの習字練習帳、般若心経などの、書籍です。
地元の手習い教室に通っています。
地元で個人でされている教室で習っています。
習字教室に通っています。
行くのが楽しみの一つなのでいいです
本屋で売っている本を題材にして独学で書いていました。

始めるのにかかった費用・必要な道具

孫に書道を教えるお婆さん

書道を始めるのに最低限必要な道具は、毛筆、墨、硯、文鎮、下敷きなど。
これらがセットになった習字セットなら、5,000円以下で購入できます。
最初のうちはこれらを揃えておけば、十分練習できるはず。
半紙や画仙紙などの用紙は、100円ショップでも購入可能。
あとは新聞紙を下に敷いて、汚れないように練習すればOKです。

書道を極めようと思ったら、それなりの道具も必要になってきます。
高級な馬毛の筆や、上質な和紙、高価な古墨など、こだわりの道具は少なくありません。
プロ仕様の用具を揃えれば、10万円以上の買い物になることも。
本物志向のマニアにとっては、道具選びも書道の醍醐味の1つと言えるでしょう。

稽古に通うとなれば、月謝などの費用も必要になってきます。
書道教室の月謝は、月に5,000円程度が相場。
個人教授を受ければ、もう少し高額になるかもしれません。
稽古を重ねるごとに、師範代や昇級審査の費用もかかってきます。
展覧会の出品料や、書道関連書籍の購入費など、こまごまとした出費も少なくありません。

とは言え、あまりお金のことを気にしすぎては書道の楽しみも半減。
無理のない範囲で続けられるのが何より大切。
きれいな字を書けるようになりたいから…
そのシンプルな思いさえあれば、きっと書道の学びは続けられるはず。
自分なりのペースで、書道の魅力を味わい尽くしてほしいと思います。

道具代5千円
テキスト代1500円
本110円のみ。家にある習字セットを使用しました。
習字セットで5千円
テキスト千円
5,000円
3000円くらいです。筆、紙など
お道具代、1000円くらい。

趣味に毎月いくら使っていますか?

書道にどれだけお金をかけるかは、その人の熱量次第。
月謝にお稽古代、発表会の費用など、本格的に取り組むとなれば決して安い趣味ではありません。
道具へのこだわりが強くなればなるほど、財布のヒモも緩みがちに。
有名書家の幅広い紙や高級な墨などは、一般の人にはなかなか手が出せない代物。
プロ仕様の用具を揃えれば、いつの間にか趣味の域を超えてしまうかもしれません。

とは言え、書道の学びを続けるために必要なのはお金ではなく、強い意志。
どんなにいい道具を揃えても、使いこなせなければ宝の持ち腐れ。
むしろ安物の筆でも、コツコツ練習を積み重ねることの方がよっぽど大切なのです。
書道の道に終わりはない以上、生涯を通して学び続けるのが書き手の心構え。
その精神さえ持ち合わせていれば、お金はさほど問題にはならないでしょう。

趣味としての書道は、自分なりのペースで楽しむのが一番。
高額な月謝に通えなくたって、独学でも十分上達できるもの。
大切なのは、書道に向き合う真摯な姿勢を貫くこと。
一文字一文字に心を込めて書く喜びを、存分に味わってほしいと思います。
書道の学びを通して心豊かな人生を歩めたら、これほど素敵なことはありませんから。

500円紙、墨汁代
110円(本)
200円(墨)
3千円(月謝)
1万円(お習字)
8000円、教室代、交通費
1000円

まとめ

書道を気楽に楽しむカップル

日本の伝統芸術「書道」の奥深い魅力をお伝えできたでしょうか。
墨の香りに包まれながら、一文字一文字丁寧に書き進めていく。
そんな書道の世界は、きっと現代人の心を穏やかに癒やしてくれるはず。

確かに書道の修練は困難を極めます。
仕事と両立させるには、強い意志と覚悟が必要かもしれません。
それでも諦めずに向き合えば、いつか書道にしかない喜びが待っているはず。
自分の感性を一文字に昇華させる時、きっと他では味わえない感動を覚えるでしょう。

流れるような美しい線を生み出す感覚。
あなたの書道作品が誰かの心を揺さぶる瞬間。
その至福の体験は、きっと努力を重ねてきた自分へのご褒美になるはず。
書道を通して自分らしさを表現できる喜びは、書道家にしか味わえない特別な体験なのです。

書道を学ぶ過程では、新しい自分との出会いもあるかもしれません。
伝統芸術に触れることで、日本人としてのアイデンティティを再確認できる時間にもなるでしょう。
先人たちが築いてきた書道の文化に想いを馳せれば、今を生きる私たちの心もきっと豊かになるはず。
古典の名品に学びつつ、現代に息づくオリジナルの書道の美を生み出せたら素敵だと思いませんか。

さあ、あなたも書道の世界へ飛び込んでみませんか。
最初のうちは思うように筆が運べないかもしれません。
でもそんな時は、一休みしてまた筆を持つ。
何度も繰り返すうちに、きっと自分だけの作品が生まれてくるはず。
ゆっくりと、自分のペースで書の道を究めていってください。

いつの日か、あなたの作品が誰かの心に灯りをともすことを願っています。
ためらわずに、一歩を踏み出してみてくださいね。
きっとそこには、書道の喜びがあなたを待っているはず。
大切なのは、あなた自身が書道を楽しむこと。
それこそが、伝統の美を未来につなぐ原動力になるのだから。