大人の趣味発見!
多趣味になる?一生モノの趣味を見つける?
制作・学習

生花

始めたきっかけ

  • 家のインテリアに花瓶を飾っていましたが、友人に生花を見せてもらってから自分もどうせならそちらをやってみたくなりました。(30代 女性)
  • 社会人となってから、自分の行儀作法が成ってないなと思うようになり、かといってカジュアルな勤務先では、そのような教育はなかったため、自力で関心のある分野の趣味を兼ねた教室に通う事にしました。(20代 女性)
  • 子どもが生まれて、仕事をやめたから。(20代 女性)
  • 仕事を辞めて生活に余裕が出来たから。(30代 女性)
  • 祖母が亡くなって遺品整理をしていたら、生花に関する資料や雑誌、お道具が出てきて興味がわいたからです。(30代 女性)
  • 大量の生花をいただいたとき(花束ではなく)、家に持って帰っては見たものの上手く生けられなかったのがきっかけで始めました(40代 女性)
  • 結婚したかった彼氏と別れて自分磨きと自分ひとりで楽しめる時間を有意義に好きなことに費やしたくて前から興味のあった生花をはじめました。(30代 女性)
  • 親戚に勧められたからです。(30代 女性)

よかったこと・メリット

伝統的な文化に触れるのはいいことだなと始めてみて実感しました。日本の心が磨かれていくようで、生けていると不思議と落ち着くんです。空間の使い方はまだまだ勉強の余地がありますが、本当に同じ花に同じ器をとっても色々な表現があって貪欲に楽しめます。
(30代 女性 趣味歴 3年~5年未満)
先生の言葉使いや立ち振る舞いは、それまで、両親をふくめ学校の先生など周囲の人達よりも明らかに美しく教養が感じられました。
20代の成長過程で、良い影響を受けたと思います。
生花を扱っていると、喧嘩後のイライラや憤り、仕事のストレスなどの解消に役立っているとおもわれました。
(20代 女性 趣味歴5年以上)
元々知り合いだった、学生時代の先輩から勧められて生花を始めました。生花をするときは、どのお花をいけようかな、どんな形にしたら綺麗かな?と考えたり、集中するので、心が穏やかな気持ちになります。また、季節の花などを自然と知り、覚えることができて良い経験になります。
(20代 女性 趣味歴6ヶ月~1年未満)
集中力が身に付くし、精神的にも落ち着くことができます。花を見ると心が安らぐし、飾っていると家族も心が穏やかになると言ってくれます。仕事をしている時には心に余裕がありませんでしたが、今は時間もあるのでのんびり花と向き合い過ごす時間はとても有意義なものになりました。
(30代 女性 趣味歴1年~3年未満)
大好きだった祖母が亡くなってから気分が沈んでしまうことが多かったのですが、生け花をすることで必然的に花や自然のものに触れる時間が増えるので、ここrが癒され何だか少し明るく元気になれたことが、生け花をしていて良かったことであり、魅力だと思います。
(30代 女性 趣味歴3年~5年未満)
毎日疲れて家に帰ってくると、何かしらの花が家にあり、ほっと出来る。今まで街路樹や花などにあまり興味がなかったのですが興味が沸き、通勤や散歩中も外の花を気にしながら歩くようになった。何より生けている時、実際に花をさわっている時、かわいい花たちに癒される。
(40代 女性 趣味歴1年~3年未満)
初めてだったので、とても難しいんじゃないかと不安もありましたが、私のように1人で通っている人も多く、全員女性なので安心でした。先生がお手本をみてくださって、細かいアドバイスを頂けるのでわかりやすく、また、使うお花は全員異なるものなので、オリジナルを楽しめて、想像力豊かに楽しめるお教室です。
(30代 女性 趣味歴1年~3年未満)
完成をイメージしながら使うお花の長さや色、大きさを考えて生けていくことに没頭できて自分の感性も磨かれていくように思えることに魅力を感じます。生け花をするようになって、これまで気にしたことがなかった道端の花や木々、自然と融合された建築物などが素敵だと感じられるようになって心が穏やかになっていったことが良かったです。
(30代 女性 趣味歴1年~3年未満)

残念なところも・デメリット

思っていたよりも難しく、全然上達している気がしないです。
時代が変わり、心の豊かさ=お金の現在とは少し違った価値観がありますが、比較的長きにわたって稽古を続けた方ですが、お金を稼ぐという点では間接的なメリットしか今のところ感じられません。
特にないのですが、お金はかかると思います。
花を飾っているのに、部屋が穢かったら意味がないと思い、きれい好きになってしまい、いつも掃除ばかりしているような気がします。
初級コースを修了し、上級コースになってから、そのお教室が私の求めていない曜日に開催になったことは残念でした。
お金はあまりかからない習い事だろうと考えていましたが、意外と費用を費やしてしまいました。

学習方法を教えて下さい

お手頃なお月謝で教えてくれている先生の教室に通い始めました。毎月でも、何ヶ月かおいても自分の好きなときに通えるのがいいです。自分と同じような主婦がたくさいて、和気あいあいと楽しめています。人の作品を見るのも勉強になるので、先生と二人より自分に向いているなと思います。
当時、ケイコとマナブという雑誌がブームとなっており、カルチャースクールが大流行りしていました。
会社帰りでも気楽に学べる環境があり、今でもシステムにそう変わりはないはずですが、当時はもっと自由でのびのびとした雰囲気がありました。
自宅の近くのおばぁちゃん先生が開いているお教室に2週間に1回通っています。
花の名前や、花言葉なども教えてくれて、楽しいです。
町民センターで行っている生花教室に通っています。生徒さんはお年寄りばかりなのでのんびりとした雰囲気で落ち着いて習えるので良かったです。
祖母も行っていた近所の生け花教室に通っています。先輩ばかりなのでとても勉強になりますし、センスが磨かれる想いです。
YouTubeでばばちゃんねるを見ています。実際のお花やさんのちゃんねるだと思うのですが、すごく分かりやすいです。たまに同じような種類の花束を買ってきて、全く同じアレンジをしてみたりして、とても楽しいです。
管理人
管理人
ばばちゃんねる」はこちらです。
華やかな動画が多くホッとした気分になりますね。
お教室についたら花束がおいてあるので、自分が好きなお花の束をえらんで席につきます。まずは先生からポイントを教えてもらって、そのあとに自分たちももくもくと生けていきます。わからない時はすぐに先生にきてもらえる少人数制だったのがとても魅力的でした。
最初は月に4回程生け花教室に通っていましたが、慣れていくに連れてコツを掴めたので自宅の落ち着いた空間でも生け花を行いたいと思い、通う回数を減らしました。また、教室に通う回数を減らした分、YouTubeなどの動画で研究するようになりました。

始めるのにかかった費用・必要な道具

3千円(花鋏)
千円(花袋)
4千円(花器)
千円(剣山)
基本の道具(花ばさみ、花包み、剣山他)8,000円~10,000円前後
入会費5000円
5000円
道具などは祖母のものをありがたく使わせてもらっているので、ほぼ0円です。
花瓶大2千円、小六百円
入会金 11000円
受講料は1回5500円
全て知人に頂いたので初期費用は0円です。

趣味に毎月いくら使っていますか?

2千円(月謝)
千円(花代)
講習料:3~4か月分前払い30,000円前後
交通費2,000円位
月謝 5000円
1万円
6000円(月謝)
二千円(生花代)
月に2回なので月の受講料11000円。
交通費はなし。
2万円(参加費用)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です