大人の趣味発見!
多趣味になる?一生モノの趣味を見つける?
スポーツ・運動

ソロ・キャンプ(一人で)

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

ソロキャンプに挑戦してみませんか?
一人で自然の中にたたずみ、自由気ままに過ごす時間は何にも代えがたい贅沢。
都会の喧騒を離れて、豊かな自然に身を委ねる体験は心身ともにリフレッシュさせてくれます。
焚き火を眺めてぼーっとしたり、読書や音楽を楽しんだり。
ソロキャンプには、自分だけの特別な時間が待っています。

こんな人にお勧め!

  • 一人の時間を満喫したい人
  • 日常から離れてリフレッシュしたい人
  • アウトドアが好きな人
  • キャンプ道具を吟味するのが好きな人
  • 好きな場所で自由に過ごしたい人
  • 自然の中で感性を磨きたい人
  • スローライフを体験してみたい人

始めたきっかけ

ソロキャンプ テント設営

多くの人がソロキャンプを始めるきっかけは「誰にも邪魔されずゆっくり過ごしたい」という欲求のようです。日々の生活に疲れて、一人になりたいと感じた時、ふと自然の中で過ごすことを思い立つ人が少なくありません。

仕事のストレスから解放されたい、義理や人付き合いから離れたい、誰かに合わせるのは面倒……。そんな現代人の切実な想いを癒やしてくれるのがソロキャンプなのでしょう。

また、以前グループキャンプをして楽しかった経験から、一人でもやってみたいと考える人も多いようです。みんなでわいわい楽しむキャンプとはひと味違う、静寂と自由を味わえるのがソロキャンプの魅力。「人と一緒だと遠慮があるけれど、一人なら思いっきりキャンプを楽しめる」という声もよく聞かれます。

装備を吟味してコーディネイトするのが好きな人にとって、ソロキャンプは自分だけのこだわりを存分に実現できる格好の舞台でもあります。誰にも気兼ねすることなく、自分の好みに合わせてギアを選んだり、キャンプスタイルを追求したり。そんな楽しみ方に惹かれてソロキャンパーになる人も珍しくありません。

もちろん、大自然の中で感性を研ぎ澄ませたいアーティスト気質の人にも、ソロキャンプはぴったり。都会の喧騒から離れて豊かな自然に身を置けば、感性が刺激されてインスピレーションが湧いてくるはず。写真や絵を描いたり、心に浮かぶメッセージを言葉にしたり。クリエイティブな作業に没頭できる環境がソロキャンプにはあります。

  • 車中泊の延長線上で始めました。ヒロシさんのYouTubeがきっかけですね。(40代 男性)
  • 家族や友人から離れた1人の時間を持ちたかったので、自然の中で1人の時間が持てるソロキャンプを始めました。(30代 女性)
  • 自宅の庭で1人バーベキューをした時に、思いの外楽しかったので、キャンプも一人で楽しいかもと思い始めた。(40代 男性)
  • 子供の頃キャンプに連れて行ってもらったことがあり、大人になってまたやるようになりました。ファミリーキャンプをしていたのですが、子供が大きくなったこともありソロキャンプを始めました。(40代 男性)
  • アニメの影響(30代 男性)
  • 気分転換(30代 男性)

よかったこと・メリット

ソロキャンプ最大の魅力は、自分だけの自由な時間が存分に味わえること。誰にも気兼ねすることなく、自分の好きなように過ごせるのは何よりも贅沢な体験です。

一人だからこそ、普段はゆっくり味わえない静寂に浸ることができます。鳥のさえずりや木々のざわめき、川のせせらぎなど、普段は意識していない自然の音に耳を澄ませてみると、五感が研ぎ澄まされていくのを感じられるでしょう。

好きな本をぱらぱらとめくったり、お気に入りの曲を聴いたり、ただぼんやりと物思いにふけったり。自分と向き合う静かな時間は、心を整えリセットしてくれます。日頃の疲れやストレスから解き放たれ、心身ともにデトックスできるはず。

ソロキャンプでは全てを自分一人で行わなければいけません。キャンプ場の設営から食事の支度、後片付けまで、全てが自己完結。大変に思えるかもしれませんが、自分の力だけでやり遂げる達成感は他では味わえません。

道具を吟味したり、段取りを考えたりと、事前準備をするのも楽しみの一つ。軽量でコンパクトな最新ギアを揃えたり、自分仕様にカスタマイズしたりと、装備選びから完全に自分好みにできるのもソロキャンプならでは。

設営するテントや料理する食材、眺める景色など、全てを自分の意のままに決められるのも醍醐味です。自由気ままに振る舞える時間は、自分自身と向き合うとともに、自己表現の喜びも感じさせてくれるでしょう。

もちろん安全面の配慮は必要ですが、その分自己責任での行動が身につきます。危険予知の目を養ったり、応急処置の知識を学んだりと、自立心や課題解決力が鍛えられるのもソロキャンプの大きな学びと言えるかもしれません。

自然の中で誰に気兼ねすることなく、ゆったりとした時間を過ごせることですね。車中泊生活より、より身近に自然を感じることが出来ますね。
車で入れないちょっとした渓流等、道路から少し離れた場所で自分のペースでやりたい事が出来る(又は、なにもやらない)のは、ソロキャンプの醍醐味ですね。
(40代 男性 趣味歴1年~3年未満)
誰にも気を使わず、自分の好きなペースで自分の好きなように自然の中で過ごせるのが魅力です。複数人のキャンプですと、テントを建てるとか食事の準備や片付け、角の始末などなど役割分担があり、せっかく自然の中に来ているのに忙しい気持ちになってしまいます。ソロキャンプは、その点、どのように時間を過ごそうと自分の自由なので、誰にも気を使わずに済とても気楽でリラックスした気持ちで過ごせます。他人と一緒に過ごすのが日常なので、1人でいつもとは違う環境で過ごすのは日日常体験であり、日常の嫌なことや小さな悩みから解放される時間を味わえます。
(30代 女性 趣味歴1年~3年未満)
一人の為、誰に気兼ねすることなく好きなようにできる事が魅力です。朝からお酒を飲んでも怒られず、お腹が減れば好きなように調理し、眠くなればハンモックに揺られて。普段の生活から離れてストレスフリーでいられる時間は、何ものにも変えがたい宝物の様な時間です。
(40代 男性 趣味歴1年~3年未満)
ソロキャンプの魅力は、キャンプ場での自分の時間を好きなように使えることです。
大好きなキャンプギアを持っていき、自分の思うように楽しくキャンプができることが醍醐味です。
いかに少ないキャンプギアで楽しめるかもソロキャンプでは大切なことですし、自分だけのスタイルが作れるのもすごく良いです。
(40代 男性 趣味歴1年~3年未満)
ゆるキャンというアニメを見て、試しにソロキャンプをしてみたらめちゃくちゃハマりました。
一人で自由に飲食ができる、都会の喧騒を忘れてのんびりできる、時間がゆっくり流れていくのが癒される、キレイな空気が肺を心地よくしてくれるなどが魅力だと思っています。
(30代 男性)
管理人
管理人
「ゆるキャン」はソロキャンプが趣味の女子高生が野外活動サークルに入部し…ゆるーく楽しめるキャンプアニメ。漫画もアニメも高評価です
「ゆるキャンの配信状況 どこで見れる?」
始める前までは、かなり仕事でのストレスを感じて休日もなかなか思うように、リラックスしたり気分転換をすることがうまく出来ない状態でした。
仕事柄、夜勤があり昼間に寝る生活が続くので休日に日光を浴びれるのは助かります。
料理も作るようになったのでよいきっかけとなりました。
(30代 男性 趣味歴 6ヶ月~1年未満)

残念なところも・デメリット

ソロキャンプで読書

一人だと、全ての作業を自分でこなさなくてはいけないのがソロキャンプの難しさ。特に初心者にとって、テントの設営や火おこしなどは思ったより時間と手間がかかるもの。慣れないうちは四苦八苦する場面が多々あるでしょう。

ギアの準備や撤収、料理など、ソロキャンプで行うことは一人分とは言え省略できません。できる限り効率化を図りたいところですが、どうしても作業量は減らせないというジレンマがつきまといます。

もしもの時の危険も、ソロキャンプでは常に隣り合わせ。一人だと万が一動けなくなった時に助けを呼ぶのも容易ではありません。細心の注意を払って行動することと、何かあった時の対処方法を考えておく必要があります。

野生動物と遭遇するリスクもゼロではありません。鳥獣保護区では特に、クマやイノシシなどに出くわす可能性も。単独行動だからこそ、人里離れた場所は避けたり、フードの管理を徹底したりと、トラブル回避の備えが欠かせません。

思ったより道具を揃えるのに、お金が掛かった位ですね。
混んでいるキャンプ場などは大勢の人の喧騒が聞こえて、せっかく1人で泊まりに来ていても結局はリラックスできないこともあります。
体調が悪くなっても自分で何とかしなければならない。
夏は暑すぎて寝れない

学習方法を教えて下さい

ほとんどのソロキャンパーが最初はキャンプ雑誌や専門書で基礎知識を学びます。道具の選び方や設営の手順、マナーやルールなど、キャンプを始めるにあたって抑えておくべき情報がこれらの書籍には網羅されています。

YouTubeのソロキャンプ動画を見て研究する人も少なくありません。実際にギアを使っている様子や、キャンプの進め方を動画で確認できるのは強み。文字では伝わりにくいリアルな使用感をつかめるのが嬉しいですね。

ソロキャンプデビューを果たしたら、経験を積むごとに改善点が見えてくるはず。使い勝手の悪かったギアや、もっとこうしたら良かったと感じた手順などを洗い出し、より快適なキャンプスタイルを目指します。

ギアも予算と相談しながら少しずつグレードアップしていくのがお勧め。特に初心者の間は、最低限の道具から始めて使いこなすことが肝心。慣れてきたら、より軽量な最新ギアを吟味したり、マニアックなアイテムに手を出したりと、徐々にこだわりを反映させていけばいいでしょう。

キャンプ場を選ぶ際も、まずは整備の行き届いたオートキャンプ場から始めるのが無難。設備や管理体制がしっかりしていれば、いざという時も安心です。経験を重ねるごとに、バックカントリーなど本格的なキャンプにもチャレンジしていけるはず。

ソロキャンプ経験者のSNSをフォローしたり、情報交換できる仲間を見つけたりするのもお勧め。リアルな体験談を共有し合えば、ソロキャンプの楽しみ方がどんどん広がっていくでしょう。一人でも困った時に相談できる相手がいれば心強いですからね。

ヒロシのソロキャンプやハピキャン等の番組で、色々と情報を得ています。使いやすい調理器具などの紹介があり、実際に購入の参考になっています。
管理人
管理人
お笑い芸人のヒロシさんがYouTubeに投稿しているキャンプ動画が話題です。
ハピキャンはテレビ放送以外にYouTubeにもチャンネルがあります
ソロキャンプについて経験のある先輩に話を聞いたり、本を読んだり、動画を見たりして調べてから行くようにしています。家族で行く複数でのキャンプもするので、その時にソロキャンプで来るのに良さそうなキャンプ場も探したりします。
今の時代、ネットで何でも勉強できます。特にこのサイトというのはないですが、色んな人のを見たほうが自分にあった方法を見つけられます。
現地でスマホ片手に見ながらやれば、大概のことはなんとでもなります。
YouTubeでソロキャンプをしている動画はすごく参考になります。
ヒロシちゃんねるを見て学習しています。ちょっとしたコツを覚えるのに便利だからです。
知り合いに教えてもらう

始めるのにかかった費用・必要な道具

ソロキャンプで夜の過ごし方

ソロキャンプに最低限必要な装備は以下の通りです。

  • テント:1人用の山岳テントなら2~3万円程度
  • 寝袋:1万円前後が目安
  • マット:キャンプ用マットは数千円から
  • バーナー:ガスバーナーは5,000円程度から
  • クッカー:鍋やケトルなど調理器具一式で1万円前後
  • テーブル・チェア:コンパクトな1人用を選べば数千円
  • ランタン:LED式のランタンは3,000円前後から
  • ヘッドライト:懐中電灯でも代用可。1,000円程度
  • ウォータータンク:20リットル程度のものを用意
  • その他:着替えや食料、調理器具など

これらのギアを一式揃えるなら、10万円前後の初期費用は見ておいた方が無難です。

コスパ重視で選べばもっと抑えることもできますが、ある程度の質にはこだわりたいもの。テントや寝袋などは、できれば信頼できるメーカーの製品を選ぶことをお勧めします。

趣味として長く付き合うならギアにもこだわりたくなるのが人情。予算と相談しながら、少しずつ買い足していくのがいいでしょう。

シーズンごとにウェアを新調したり、便利アイテムを買い揃えたりすると出費はかさみますが、ソロキャンプの楽しみ方もどんどん広がっていきます。マニア心をくすぐられる魅力的なギアが多いのも、ソロキャンプの面白さと言えるかもしれません。

2万円 (ソロテント、寝袋、銀マット)
1万円 (テーブル、ランタン、食器類)
5万円(テント、寝袋)
もともと家族とのキャンプはしてたので、ソロキャンのために買ったものは1万円程度のテントだけです。
5万円(テント)
シュラフ(2万円)
他の道具類(3万円)
8万円(テントやキャンプ用具など)
5万円
テント、服、寝袋、調理器具
created by Rinker
宝島社
¥2,440
(2024/04/25 17:14:32時点 Amazon調べ-詳細)

趣味に毎月いくら使っていますか?

平均的な目安は以下の通り。

  • 交通費:1回のキャンプで数千円程度。遠出すると1万円以上も
  • キャンプ場利用料:オートキャンプ場で3,000円前後が相場
  • 食費:自炊の材料費は2,000~3,000円程度。
  • ギア購入費:最初のうちは毎月1~2万円程度。のめり込むとさらに増える

これらを合計すると、1回のソロキャンプで1~2万円程度の出費になるのが一般的。

毎月1~2回のペースでキャンプに行くなら、趣味としての月々の費用は2~3万円程度が目安になります。

とは言え、近場で自炊中心のキャンプを楽しむ人なら、1万円以下に抑えることも可能。いかに低予算で効率的にソロキャンプを満喫するかは、キャンパーとしての腕の見せ所ですね。

一方でキャンプにのめり込むと、気が付けば毎月10万円以上つぎ込んでいた……なんて人も少なくありません。

ギアはどんどん新しいモデルが出るので、つい最新の装備が欲しくなるもの。便利なアイテムが目に留まれば、これは買わねばと衝動に駆られるでしょう。さらにブランド品ともなれば、一点数万円なんてザラ。いつの間にかギアの総額が100万円を超えていたなんて話もよく聞きます。

とは言え、高価な装備を揃えたからといって、必ずしもソロキャンプが楽しめる訳ではありません。むしろ予算内でクリエイティビティを発揮し、工夫を凝らすことこそがソロキャンプの腕の見せ所。少ない装備でも自然を満喫できるというのが、ソロキャンパーの真骨頂と言えるでしょう。

もちろん、マニアックなギアを吟味するのも楽しみの一つ。でも初心者のうちは、なるべくシンプルな装備で自然と向き合うことを大切にしたいもの。ソロキャンプの醍醐味を存分に味わえば、おのずと必要な装備も見えてくるはず。

5000円 (食料)
5000円 (交通費)
千円
年間通して毎月ではないので、月平均でガソリン代5000円、食材5000円程度
5000円(交通費)
15000円(食費、材料費)
1万円(交通費と食費)
1万円

まとめ

ソロキャンプで夜明けのコーヒー

大自然に抱かれて過ごすソロキャンプは、日常から解放されるリフレッシュの時間。一人だからこそ味わえる静寂と自由があなたを待っています。

キャンプ初心者なら、まずは一通りの装備を揃えることからスタート。本やネットでソロキャンプの基礎知識をインプットしつつ、経験豊富なキャンパーに教えを請うのもお勧めです。オートキャンプ場でデビューを飾れば、設備面でも安心して楽しめるはず。

ソロキャンプ歴を重ねるごとに、自分なりのスタイルが確立されていくでしょう。マイペースでキャンプを楽しみつつ、時には仲間とギア談議に花を咲かせるのも一興。自然との一体感を味わえるソロキャンプは、きっとあなたのお気に入りの趣味になるに違いありません。

コツコツと経験を積み重ねながら、自然との対話を楽しむ。それこそがソロキャンプの奥深い魅力であり、究極の癒やしの時間になるのです。ギアを厳選し、五感を研ぎ澄まして、思い思いのソロキャンプを満喫してみてはいかがでしょうか。

キャンプ(家族・友人と複数人で)キャンプで家族や友人と自然を満喫してみませんか? 日頃の喧騒から離れ、大切な人と非日常の時間を共有できるキャンプは、心に残る思い出づく...