大人の趣味発見!
多趣味になる?一生モノの趣味を見つける?
スポーツ・運動

キャンプ(家族・友人と複数人で)

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

キャンプで家族や友人と自然を満喫してみませんか?
日頃の喧騒から離れ、大切な人と非日常の時間を共有できるキャンプは、心に残る思い出づくりにぴったり。
自然の中で過ごす特別な一日が、きっと絆をさらに深めてくれるはず。
テントを張って、みんなで食卓を囲めば会話も弾みます。

こんな人にお勧め!

  • 家族や友人と思い出を作りたい人
  • 日常を離れて、ゆっくり過ごしたい人
  • 自然の中で遊びを満喫したい人
  • 非日常の体験を味わいたい人
  • アウトドア料理を楽しみたい人
  • 大人数で賑やかに過ごしたい人
  • 子供と一緒に冒険がしたい人

始めたきっかけ

キャンプ

友人や家族とキャンプに行き始める理由は様々ですが、大自然の中で過ごす醍醐味を共有したいという想いは共通しているようです。日常を離れて、みんなでワイワイ過ごす時間の心地良さは格別。「また一緒にキャンプに行こう」と口を揃えて言いたくなる体験を求めて、キャンプデビューする人が少なくありません。

学校行事や会社の福利厚生でキャンプを体験し、その楽しさに目覚める人も多いようです。初めての共同生活に胸を躍らせ、満天の星空に感動を覚えたあの時の思い出。そんな感動をもう一度、大切な人と分かち合いたいと考えるのは自然の流れでしょう。

SNSでキャンプの写真を見て、「今度の休みはあそこに行こう」と盛り上がるのもお馴染みの光景。魅力的なキャンプ場の景色に心奪われ、友人を誘ってその地を訪れる。リアルな体験談を聞いて、家族でキャンプデビューを飾る。そんな形でキャンプの輪が広がっているのです。

中にはあこがれのキャンプ道具を手に入れたことがきっかけで、仲間とキャンプに出かける人も。キャンプ雑誌で見つけたテントやタープを実際に使ってみたくて、友人に声をかける。便利なキャンプギアをみんなで試してみようと、ファミリーキャンプに挑戦する。道具選びから始まるキャンプの醍醐味に、すっかりとりつかれてしまうようです。

  • 社会人になりストレスが貯まり大自然の空気を吸いたい…と思ったこと。友だちがキャンプに行きその良さを聞いたこと。(20代 女性)
  • 子供に自然体験をさせたいと思いキャンプを始めました。(30代 女性)
  • 友人からの進めで、昨今の世の中の事情もふまえ、密を避けながら少人数での集まりを実施したかったからです。(30代 男性)
  • コロナ禍で人混みを避けて、山に行ったのがきっかけです。(40代 女性)
  • 子供がテレビを見てキャンプに興味関心を抱くようになったのがきっかけで、自分自身も興味関心がでてきました。(30代 女性)
  • 子供が手間がかからなくなり、友人に誘われた(50代 男性)

よかったこと・メリット

大切な人と過ごすキャンプは、何にも代えがたい思い出づくりの機会になります。日常から離れて自然に身を置けば、いつもとは違う会話が生まれるもの。普段は見せない一面に触れ合えたり、心の内を打ち明けたりと、お互いをより深く知るきっかけになるでしょう。

みんなで食卓を囲むことも、キャンプの大きな魅力の一つ。野外で食べるご飯は格別ですし、みんなで協力して作る料理はいつもより美味しく感じられます。買ってきた材料を使って調理したり、その場で採れた山菜を味わったり。料理を介して、みんなの絆もぐっと深まるはず。

日頃のストレスから解放されて、リラックスした時間を過ごせるのもキャンプの醍醐味。自然の中で体を動かしたり、ゆっくり会話を楽しんだり。普段は忙しくてなかなかできない、大切な人との何気ない時間が心を癒やしてくれます。

子供にとっても、キャンプは最高の思い出づくりの場。冒険心をくすぐられる野外活動を通して、創造力や自主性が育まれるでしょう。友達と力を合わせてテントを張ったり、虫捕りに夢中になって駆け回ったり。自然の中で伸び伸びと過ごす体験は、子供の心に刻まれる大切な財産になるはずです。

大人数で賑やかに過ごせるのも、キャンプならではの喜び。普段は別々に暮らす家族が一堂に会したり、久しぶりに顔を合わせる友人たちと再会したり。キャンプを機に集まることで、普段はなかなか会えない人との絆も深められます。かけがえのない時間を共有できるキャンプは、人と人との絆を深めるきっかけになってくれるでしょう。

なんといっても自然の中で季節を感じることができることでしょう。空気も美味しく体も元気になります。一緒に行った仲間たちと濃厚な時間を過ごすことができるのも嬉しいです。また、見ず知らずの人とも協力し力を貸し合う場面があるので「キャンプ友だち」と知り合うきっかけになります。
(20代 女性 趣味歴1年~3年未満)
日常とは全く異なる環境の中で自然体験ができることが1番の魅力です。キャンプはそれぞれが役割を持って取り組まなければならないことが多いため、子供に役割を与えることで責任感や積極性が育まれます。普段の生活では経験できない川遊びや湖での遊び、林の中での虫取り、キャンプファイヤーなど非日常の経験をする事はとても良い思い出になります。
(30代 女性 趣味歴3年以上)
大人になってからのキャンプはお酒も飲みながら話することもできるし、行動に制限が無く、ルールとマナーさえ守れば釣りであったり、火を自分たちで熾しながら食事をしたり、子供のことでは出来なかったものを利用しながら楽しむことができる。というところですね。また子供の頃とは違い、要領もいいので、火熾しの道具から、蚊取り線香、食事の後処理まで全てやれることが見えていながら、キャンプを楽しむことが出来るのは、大人のキャンプの魅力ではないでしょうか?
(30代 男性 趣味歴1年~3年未満)
キャンプは意外といろんな趣味の人でも合う。自然を改めて体感できる。
家族や友人と遊びを思いっきり満喫できるし、料理がとても美味しく感じる、
子供にも自然の中で色々と経験させたりでき、なんといっても非日常感が味わえるところ。いざという時に(災害時など)キャンプ道具が役に立つ。
(40代 女性 趣味歴0ヶ月~6ヶ月未満)
外にいるより中にいる方が断然好きな超インドアな私ですが、外の景色を楽しみながら、また、外の空気を吸いながら食事をしたり、テント内でくつ横たわってくつろぐのは想像以上に心地よいもので、心身のリフレッシュができることがよい点であり、魅力だと思います。
(30代 女性 趣味歴6ヶ月~1年未満)
気兼ねない友人たちと楽しいひとときを過ごせるというのが最大の魅力です。大人のキャンプは和気あいあいと協力しながらやれるのでさほどトラブルが起きません。さっさと設営したあとはみんなでのんびり飲んで食ってしてとても癒されます。とても贅沢な時間を手に入れられます。
(50代 男性 趣味歴1年~3年未満)

残念なところも・デメリット

家族で夜のキャンプ

みんなでキャンプに出かけるとなると、装備の準備や設営に手間と時間がかかるのが難点。必要なギアをそろえて、テントを張って、食事の段取りをつけて……と、細かいタスクが山積みになってしまいます。ある程度の人数がいれば分担できますが、采配を振るう側の負担は小さくありません。

キャンプ当日も、常に全体を見渡して段取りを考えなくてはいけません。一日のスケジュール管理から、食事の手配、片付けの指示まで、リーダー役の気苦労は絶えません。みんなで楽しむことが目的とは言え、采配役の苦労を忘れてはいけませんね。

人数が多ければ、好き嫌いや体調面での個人差への対応にも気を配らねばなりません。アレルギーを持つ人や疲れやすい人、虫が苦手な人など、キャンプ向きでない人もいるでしょう。みんなが無理なく過ごせるよう、状況を見ながら柔軟に対処する細やかな心遣いが求められます。

天候に左右されるのもキャンプの宿命。晴れ渡った空の下でバーベキューを楽しみたいのに、雨に見舞われてしまったら台無しです。アクティビティの予定も変更を余儀なくされるでしょう。せっかくの計画が水の泡になってしまうのは、正直ガッカリですよね。

下準備、道具を揃えるのが思ったよりも金銭負担などがあり大変でした。キャンプから帰ったあと虫刺されや草にやられていたりして皮膚科通いになることもあります。
本格的にキャンプをしようと思うと、キャンプグッズを揃えるのにかなりのお金が入ることです。
当然ですが、お酒を深夜遅くまで飲むと次の日の移動、帰りのことを考えると、無茶はできない。というところ。
また、最近では大人のキャンプであるに関わらず、ルールやマナーを守らない人が多く存在し、メディアのバッシングをここ数ヶ月の中で受けていること。
ルールとマナーさえ守れば後ろ指刺されず、楽しめる趣味であると思いますけどね。
テントで寝ると背中が痛くなります。厚手の敷物などで対処可能かもしれませんが、背中に負担がかかります。
なかなかメンバーの都合がつかないので数ヶ月に一回になってしまうのが残念です。可能であれば月に二回くらいやりたいですが、そうはうまくいきません。

学習方法を教えて下さい

みんなでキャンプを楽しみたいなら、まずは経験者の話を参考にするのがおすすめ。ベテランキャンパーのノウハウを聞けば、準備するものからタスクの分担まで、具体的なイメージがつかめるはず。特に初めてのキャンプなら、うまくいくコツを教わっておくに越したことはありません。

あらかじめキャンプのマナーやルールを学んでおくのも大切。自然の中で快適に過ごすには、環境への配慮が欠かせません。ゴミの持ち帰りをはじめ、キャンプ場に定められた決まり事は事前にチェック。参加者全員で確認しておけば、当日もスムーズに行動できるでしょう。

キャンプの企画段階では、メンバーの希望をよく聞いておくことが肝心。食事の好みやアレルギーの有無、起床・就寝時間の希望など、要望は人それぞれ。みんなの意見を集約しつつ、バランスの取れた計画を立てるのが企画者の腕の見せ所です。

役割分担を明確にしておくのも、楽しいキャンプの秘訣。得意分野を生かして、料理や片付け、レクリエーションなどを割り振れば、みんなが活躍できる場が生まれます。1人に負担が偏らないためにも、事前にタスクシェアしておくのがおすすめですね。

もちろん、装備選びにもこだわりたいもの。テントやタープ、調理器具など、快適さを左右するギアは吟味して揃えましょう。レンタルできるものもありますが、こだわりのアイテムは自前で用意するのがベター。使い勝手を確かめながら、徐々にマイギアをそろえていくのも楽しみの一つです。

まず書籍の「そうだ、キャンプにいこう!」を購入し読みました。その後YouTube動画で何件か調べ、地元の「キャンプ講座」にも2度ほど参加しました。自分で想像していたよりも大変さやリスクがあることを知り、対処法を考え実践するきっかけになりました。
created by Rinker
¥1,100
(2024/06/19 23:00:31時点 Amazon調べ-詳細)

キャンプについて書かれた本や動画を見て学習しています。
テントの組み方や火熾しはYouTubeなどを参考とし、実践してみたし、実際にテントも組み立てしやすいものに変更したら作業時間が大幅に短縮されましたよ。
YouTubeヒロシちゃんねるなどをみて勉強してます。
広島界隈地区のみの放送と思いますが、「西村キャンプ場」という番組を観て、学習しています。初心者にもわかりやすく、楽しめる、キャンプのアイデアが詰まった番組です。
管理人
管理人
お笑い芸人のバイキング西村さんがやっているキャンプ番組です。
広島以外でも放送しているようです。
詳しくは公式ページをチェック
友人に誘われてはじめたので、とにかく全て友人から学んでます。

始めるのにかかった費用・必要な道具

仲間とキャンプ

みんなでキャンプを始めるなら、最低限以下のギアが必要です。

  • テント:4人用なら2〜3万円程度
  • タープ:3〜4万円前後が目安
  • 寝袋:1人あたり1万円前後
  • マット:人数分を用意。数千円から
  • テーブル・チェア:3〜5千円程度のセットがおすすめ
  • クーラーボックス:食材の保存に。5千円程度から
  • 調理器具:鍋やコッヘル、食器など。1式で1〜2万円
  • ランタン:LED式なら数千円で購入可能
  • ライター、ナイフ、ロープなどの小物類

これらの装備を新調すると、合計で15〜20万円程度の初期費用がかかります。ただし、友人同士でキャンプに行く場合は、費用を分担するのが一般的。必要な装備をみんなで持ち寄れば、1人あたりの負担は軽減されます。シェアできるものは相談して一緒に購入するのもおすすめです。

予算をある程度設定した上で、プライオリティの高いギアから揃えていくのが賢明。レンタルできる装備も活用しつつ、少しずつマイギアを増やしていけば、無理なく装備が整っていくはずです。

レンタルできる装備も活用しつつ、少しずつマイギアを増やしていくのも一案。仲間とギアを持ち寄れば、1人あたりの負担も減らせます。みんなで相談しながら、賢く装備を整えていきたいですね。

シーズンごとに必要になるアイテムもあるので、初めてのキャンプにいきなり本格的なギアを揃える必要はありません。まずは気軽にチャレンジできるものから始めて、徐々にこだわりのギアを増やしていく。キャンプ道具選びを仲間と一緒に楽しむのも、ステップアップの醍醐味ですよ。

2万円 (テント)
5千円 (BBQコンロ)
3千円(寝袋)
2千円(マット)
12万円
基本友人と持ち寄りですが、
私のテントは5万円しましたよ。
その時の食事になるBBQの具材の仕入?約5千円
車での移動の交通費約5千円
炭など用意すると一回のキャンプで1万円弱あれば開催できると思います。
テント4万円
寝袋1万円
ランタンその他約20万円くらい
テント代4000円弱
必要な者は友人から借りれました。靴12000円のみ。

趣味に毎月いくら使っていますか?

平均的な目安は以下の通り。

  • 交通費:行き先にもよるが、1人数千円〜1万円程度
  • キャンプ場利用料:オートキャンプ場で1サイト5,000円前後
  • 食費:自炊の食材費は1人2,000~3,000円程度。
  • ギア購入費・レンタル代:シーズン前に数万円の出費も
  • 現地でのアクティビティ費:体験型のアクティビティなら数千円
  • その他雑費:薪代、カセットコンロ用ガス代など諸々で数千円

大人数でキャンプに行けば、経費を折半できるのがメリット。1回の遠征なら、1人あたり1~2万円程度の出費で収まるでしょう。

とは言え、回数を重ねるごとに装備へのこだわりも強くなるもの。最新のテントに手を出したり、話題のギアが欲しくなったりと、気が付けばキャンプ道具の総額が膨らんでいく……なんて話はよく聞きます。

人数が多いとその分、必要なギアも増えていくので、出費もつい大きくなりがち。みんなで計画的に道具を揃えて、コスパを意識しながら賢く買い物するのがおすすめですね。それでも年間10〜20万円の投資は必要かも。趣味にかける情熱の現れと割り切るのが吉です。

もちろん、近場で手軽にキャンプが楽しめるなら、もっと費用を抑えられるでしょう。自宅から持参できる道具を活用したり、キャンプ飯を工夫したり。仲間と知恵を出し合えば、コスパ良くキャンプが満喫できるはず。

5千円(道具)
2千円(交通費)
2000円
セットを揃えているので後は消耗品だけですので、1万円弱です。
交通費5000円ぐらい
食費3000円程度
服や小道具などで8000円。
管理人
管理人
最初に道具さえ揃えちゃえば、その後は少額で続けられる趣味って言えそうですね

趣味に便利なサービス・アプリ

キャンプ場までの道のりに使うGoogle Mapぐらい?
基本キャンプまで行ってスマホを使おうと思いませんので。。。
YouTube

まとめ

仲間と夜明けのキャンプ

友人や家族とのキャンプは、日常を離れて自然を満喫できる格別の体験。大切な人と過ごす何気ない時間が、かけがえのない思い出になるはずです。

準備には手間がかかるものの、役割を分担すれば苦になりません。むしろ段取りを考えたり、装備を吟味したりするのもキャンプの楽しみの一つ。ワクワクしながらみんなで計画を練れば、当日が待ち遠しくてたまりませんよ。

キャンプを通して生まれる一期一会の時間は、心に深く刻まれるでしょう。自然の中で肩を寄せ合い、同じ時を共有する。その体験が、家族や友人との絆をさらに強くしてくれるはず。

楽しい思い出づくりと同時に、自然への畏敬の念も育まれます。森林浴を楽しんだり、季節の移ろいを感じたり。大自然に包まれることで、命の豊かさを実感できるでしょう。子供の感受性を育むためにも、自然体験は欠かせません。

キャンプの魅力にどっぷりハマれば、装備へのこだわりも深まっていくもの。こだわりのギアを少しずつ揃えて、快適さを追求するのも趣味の肝。でも初心者のうちは、まずは気軽に体験してみることが大切。

仲間との時間を心ゆくまで満喫できれば、それが何よりの思い出になるはず。自然の中で過ごす何気ない瞬間を大切にしながら、みんなでワイワイ楽しむ。そんな体験を通して、人と人との温かいつながりを感じられたら……キャンプに行く理由は、もう十分ですよね。

ソロ・キャンプ(一人で)ソロキャンプに挑戦してみませんか? 一人で自然の中にたたずみ、自由気ままに過ごす時間は何にも代えがたい贅沢。 都会の喧騒を離れて、豊...