大人の趣味発見!
多趣味になる?一生モノの趣味を見つける?
制作・学習

ネイル

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

爪に色を塗るだけで気分が上がる「ネイル」。
ファッションに合わせてネイルデザインを変えれば、おしゃれ度はグンとアップします。
最近はセルフネイルを楽しむ女性も増えてきているんだとか。
指先のおしゃれを自分で手がけることで、自分磨きの充実感も味わえるそうですよ。
忙しい毎日の中で、ささやかな癒やしの時間を持ちたい。
そんな想いを叶えてくれるのが、ネイルアートの魅力なのかもしれません。
あなたも今日から、指先のおしゃれを楽しんでみませんか。

こんな人におすすめ!

  • ファッションを楽しみたい人
  • 指先から美意識を高めたい人
  • セルフエステに興味がある人
  • おしゃれな趣味が欲しい人
  • 自分磨きの時間を持ちたい人

始めたきっかけ

お花をモチーフにしたネイル

ネイルを始めるきっかけはさまざまですが、芸能人やモデルのおしゃれネイルに憧れたことから始める人は多いようです。
海外セレブの Instagram に投稿された、最新ネイルデザインに心躍らせた経験がある人も多いはず。
「私も、あんな風におしゃれな指先になりたい!」
そんな想いから、自分でもネイルアートに挑戦し始めるんですよね。

また、お気に入りのネイルサロンに通うのが楽しみという人も多数。
プロのネイリストによる丁寧な施術は、極上のリラックスタイムになるもの。
定期的なネイルケアが習慣になり、いつしかセルフネイルに興味を持ち始めた…なんて人もいるみたい。
おしゃれ心をくすぐるネイルの魅力に、いつの間にかどっぷりハマってしまうんでしょうね。

大人になって初めてネイルの楽しさに目覚める人もいるそう。
女子会で友人のおしゃれなネイルを見て、「私もやってみたい!」と始めるケースは意外と多いとか。
周りの人から「指先がキレイになったね」と褒められるのがうれしくて、どんどんネイルにのめり込むように。
大人女子の指先は、会話のきっかけにもなる重要なおしゃれポイントなんですね。

  • おしゃれに興味を持ち始めた中学生くらいからネイルが趣味です。雑誌に載っていた特集を見たのがきっかけでは始めました。(30代 女性)
  • 周りの人達がやっているのを見て可愛かったため。(20代 女性)
  • ネイルに興味があり自分でできるようになりたいと思ったから(20代 女性)
  • 雑誌でかわいいネイルが紹介されていた(30代 女性)
  • もともと細かい作業が得意だったのと、友人にネイルをしたところ喜んでもらえたので。(20代 女性)
  • 気軽に気分を変えようと思って近所のドラッグストアで買ったことがきっかけです。(20代 女性)

よかったこと・メリット

何といっても、ネイルの最大の魅力は指先がキレイに見えること。
カラフルなデザインで彩られた爪を見るたび、自然と笑顔になってしまうもの。
手元がおしゃれだと、気持ちまで前向きになれるから不思議ですよね。
おしゃれを楽しむ充実感は、女子力アップにも直結するはず。
自分の指先に自信が持てたら、きっと毎日がもっと楽しくなるでしょう。

ネイルは自分磨きのツールとしても優秀。
自宅で過ごす時間にセルフネイルを取り入れれば、リフレッシュタイムの質が格段に上がります。
集中してネイルアートに取り組んでいると、日頃のストレスを忘れて没頭できるんです。
仕事や家事に追われるのとは違う、至福のひとときを過ごせるのがネイルの魅力。
ささやかでも、自分だけの特別な時間を持てるのは素敵なことですよね。

ネイルの楽しみ方は無限大。
四季折々のイベントに合わせてデザインを変えれば、季節を感じる心の余裕も生まれます。
TPO に合ったネイルを選ぶのも、ネイル上級者ならではの楽しみ方。
気分に合わせてカラーを変えれば、ファッションの幅もグンと広がるはず。
ネイルを通して自分らしさを表現できたら、もっと毎日がキラキラ輝き出すでしょう。

ネイル仲間と交流できるのも、大きな魅力の1つ。
熱心なネイルファンが集まるイベントに参加すれば、最新トレンド情報が仕入れられるもの。
SNS でネイル画像を交換し合えば、お互いの趣味を通してつながりも深まります。
ネイル話に花を咲かせながら、女子会を盛り上げるのも楽しそうですよね。
ネイルを通して得られる出会いは、きっとかけがえのないものになるはずです。

ネイルポリッシュのカラーや、デコレーションの素材の種類が多いので飽きることがないです。もともと爪の形が奇麗なのと器用なのも相まって褒められることが多く、自信になっています。友達にネイルをしてほしいと頼まれることもあり資格を取ってみようと考えています。
(30代 女性 趣味歴3年以上)
管理人
管理人
趣味で友達が喜んでくれると
「この趣味やっててよかった!」ってほんと思います。
私は昔から爪が短いのがコンプレックスだったのですが、ジェルネイルをはじめてから短いのが隠れる上に段々と爪が伸びてきて形が綺麗に見えるようになったのが良かったです。
普段の洋服の雰囲気に合わせて爪の色やデザインを変えたりする楽しみも増えましたし、ジェルネイルをしているだけで手元が大人っぽくなります。
(20代 女性 趣味歴0ヶ月~6ヶ月未満)
普段パソコンを利用して仕事をおこないますが、ネイルが可愛いと仕事中にふと目に入ったときなど、テンションが上がり、且つモチベーションも上がります。また上手くなれば家族や友人にやってあげると喜ばれるので、こちらも嬉しくなります。また1時間前後で両手が完成するので、在宅の仕事時の気分転換にももってこいです。
(20代 女性 趣味歴6ヶ月~1年未満)
ファッションには以前から興味がありましたが、爪までは行き届いていませんでした。
そんな自分が興味をもったきっかけが、雑誌でかわいいネイルが紹介されていたことです。自分もやってみたいと思い次の日にそれと似たようなカラーを購入しました。
魅力はファッションに合わせてコーディネートを楽しめることでしょうか。
(30代 女性 趣味歴0ヶ月~6ヶ月未満)
ネイルをするだけで女子力や美意識が上がった気持ちになって、テンションがあがります。キラキラとしたパーツを取り入れて華やかにしてみたり、単色のみで上品にシンプルに仕上げてみたり、色やデザインによってネイルの印象が変わるところに面白みを感じています。
(20代 女性 趣味歴1年~3年未満)
気軽にできるところが魅力です。私は大学時代にハマって、その頃はプチプラのものをよく買い集めてました。同じメーカーのもので揃えると1つでも可愛い小瓶がいくつか並ぶとさらに可愛くなりました。なんといっても塗って乾くのを待つだけなので、簡単に初心者でも始めることができるのは魅力的です。
今では本当に気に入ったメーカーのものをいくつか買って楽しんでいます。
(20代 女性 趣味歴3年以上)

残念なところも・デメリット

夜更けに趣味のネイルを楽しむ女性

ネイルを始めるにはいくつかハードルもあるのが事実。
まず、上手く仕上げるには相当の練習が必要不可欠。
セルフネイルの基本とも言えるポリッシュ塗りは、コツを掴むまでなかなか思い通りにいかないもの。
利き手と反対の手を塗るのは至難の業。
最初のうちは汚い仕上がりに落胆する日々が続くかもしれません。

凝ったデザインに挑戦するとなれば、道具もある程度揃える必要があります。
ネイルブラシやストーン、シールなど、自分のやりたいネイルに合った材料選びも一苦労。
100均ネイルからスタートしても、気づけば専門店で高級ネイルグッズを衝動買いしている自分が…。
ついつい散財しすぎてしまうのは、ネイル好きの性ですね。

乾燥時間も侮れません。
マニキュアが完全に乾くまでは、何もできないのが辛いところ。
ポリッシュを塗った直後は要注意。
うっかり触ってしまって台無しになった…なんてこともしばしば。
セルフネイルのたびに「時間泥棒!」と感じてしまうのは、デメリットかもしれません。

そして何より、ネイルを続ける上で「爪への負担」は無視できない問題。
マニキュアに含まれる化学物質が爪を痛めたり、頻繁なポリッシュ除去で爪が薄くなる恐れも。
カラフルなデザインを楽しみたいからといって、爪本来の健康を損ねてしまっては本末転倒。
ネイルケアとスキンケアは両立させる工夫が必要不可欠だと言えるでしょう。

ネイルが好きすぎて、爪を休めることなくずっとしていたら変色してしまったことです。
自分の指や爪の形が太いのでベストな形が難しい。
他人にやってもらったほうがやっぱり綺麗で持ちがいい。
サロンでやってもらっているのを観察して、同じようにやっているつもりがうまくできません。ムラができたり、うまく硬化できなかったり。また凝ったデザインはできません。
可愛いと思って買ったけれど自分の肌の色とカラーが合わなかったことがあります。そのときは残念に思います。

学習方法を教えて下さい

ネイルを始めるなら、まずは100均ネイルからスタートするのがおすすめ。
ポリッシュやトップコート、ベースコートなどの基本アイテムが、100円ショップでも手軽に揃います。
使いやすいネイルシールも充実しているので、デザインの幅が広がって◎。
失敗を恐れずいろいろ試せるので、初心者さんにはもってこいですよね。

セルフネイルに慣れてきたら、プチプラコスメのネイルグッズを揃えていくのがおすすめ。
発色や持ちの良さにこだわりたいなら、数百円の投資は惜しまないのが賢明。
トレンドカラーを抑えたマニキュアを数色持っておけば、TPO に合わせた使い分けもできて便利ですよ。

初心者のうちは、シンプルなデザインから始めるのが得策。
ワンカラーネイルやフレンチネイルなら、必要なマニキュアの数も最小限で済みます。
ラメ入りのトップコートを重ねるだけで、一気におしゃれ度はアップするもの。
ストーンやホログラムを部分的に使えば、華やかさも簡単に演出できるはず。
自分の腕に合った、無理のないデザインから始めることが肝心ですね。

ネイル雑誌や、インスタグラムなどの SNS もネイル上達の強い味方。
プロのネイリストによるデザインを参考にしながら、手元を見ながら練習を重ねるのが上達への近道。
海外セレブのネイルを真似してみるのも、おしゃれ感覚を磨くのに役立ちそうですね。
ネイルのやり方がわからない時は、YouTube の How to 動画を活用するのも手です。

もっと本格的にネイルを学びたいなら、ネイルスクールに通うのも良いかも。
週末の趣味コースから、就職やサロン開業を目指す本格コースまで幅広く用意されているそう。
プロ仕様の道具の使い方から、最新トレンドのデザインまで網羅的に学べるのは魅力的。
同じ趣味を持つ仲間と交流できるのも、スクールに通う大きなメリットと言えるでしょう。

ネイリスト技能検定試験3級の勉強をしています。
試験の勉強なのでモチベーションがあがります。
管理人
管理人
資格を目指すと趣味にわかりやすい目標が出来るのでもっと夢中になれそうですね。
友人のネイリストに最初は教えてもらっていたのですが時間を合わせたら、お互い会う時間に限りがあるので独学の方が自分のペースでできたかもしれないなと思いました。ただ、実際にやっているところを見たり見てもらえたりするのでその点では習得は早かったかもしれないです。
時間がある時はYouTubeを見て流行りのデザインなどのやり方を調べたりしてます。
管理人
管理人
ネイリストの友人に見てもらえると上達が早そう。
身近に居ない方はネイル教室を利用すると先生や、同じ習熟具合の同士と見せっこ出来ますよ
書籍「はじめてでもキレイにできるセルフジェルネイル教室」
created by Rinker
¥1,430
(2024/04/25 17:54:20時点 Amazon調べ-詳細)

学習しているというか、サイトで塗りかたのポイントなどチェックしています。
主にジェルネイルを趣味としていまして、デザインはネイリーというアプリを参考にしています。
管理人
管理人
「ネイリー」はネイリスト検索アプリでサロンの予約まで出来ます。
デザインを見ているだけでも参考になりますね。

Nailie (ネイリー) - ネイル予約

Nailie (ネイリー) – ネイル予約

Nailie無料posted withアプリーチ

Instagramでハッシュタグで検索して好きなメーカーのネイルを使っている人を探して好きなデザインのものは保存して参考にしています。

始めるのにかかった費用・必要な道具

友人とネイルショップに来て楽しそうな女性

ネイルを始めるのに最低限必要なのは、ベースコート、カラー、トップコートの3点セット。
100均なら、これらがワンコインで揃ってしまうのは嬉しいところ。
肌なじみの良いヌードカラーと、お気に入りの差し色を1色選べば、シンプルネイルが楽しめます。
あとはコットンとマニキュアリムーバー、ネイルファイルなど、ケアグッズも合わせて購入しておくと便利ですね。

もっと本気でネイルを楽しみたいなら、専門店で道具を揃えるのがおすすめ。
ネイルブラシやドットペン、ネイルアートペンなど、デザインの幅を広げるグッズは千円以下で購入可能。
UVライトや、ジェルネイルに必要なグッズともなると、少し高価になってきます。
とは言え、サロンに通うことを考えれば、自宅でジェルネイルができるようになる投資は割安かも。

ネイルチップなどのアートパーツも、100均や専門店で充実したラインナップが。
シールやステッカー、ラインストーンに至るまで、可愛いパーツが勢揃い。
欲しいアイテムは多いけれど、散財し過ぎないのが賢い選択。
最初のうちは、少しずつコレクションを増やしていくのがおすすめですよ。

もちろん、プロ仕様のネイルグッズともなれば値段は上がります。
高級ネイルポリッシュなら、1本2,000円以上するのは当たり前。
海外ブランドの最新ネイルグッズなんて、見ているだけで夢が広がってしまいそう。
とは言え、ネイルの腕前に自信がつくまでは、欲しいものをグッとこらえるのも大人の嗜み。
無理のない範囲で、自分のお気に入りアイテムをコツコツ集めていきたいですね。

2万円、ネイル代。
1万円、道具代。
約10000円
楽天で売っていたセルフネイルキット
2千円(書籍)
1万円(ネイル道具)
ネイルと爪磨きくらいなので、3000円くらいです。
ネイルカラー800円
UVライト3000円
爪やすり工具
除光液など小物類で1000円ほどです。
600円くらい(ネイルポリッシュ2つとネイル落とし)

趣味に毎月いくら使っていますか?

ネイル趣味にかけるお金は、どれだけのめり込むかによって大きく変わります。
ドラッグストアの安価なマニキュアだけで楽しむなら、月に1,000円も使わないかも。
プチプラコスメのネイルを揃えても、1ヶ月で使うお金は3,000円程度に収まるでしょう。
無印良品や DAISO の品揃えが充実しているので、プチプラネイルなら節約上手に楽しめますよ。

一方で、凝ったアートに挑戦し始めると話は別。
数千円のマニキュアに、高級ネイルパーツの数々。
海外ブランドのトレンドネイルアイテムまで揃えようとすれば、あっという間に予算オーバー必至。
気づけば毎月1万円以上が、ネイルグッズ代で消えていた…なんてオチもあるかもしれません。

それでもネイルへの情熱が冷めないなら、多少の出費は大目に見るのもアリかも。
自分へのご褒美だと思えば、ネイルグッズへの投資も納得できる…はず?
とは言え生活とのバランスは大切に。
節約上手なネイルライフを心がけつつ、無理のない範囲でネイルを楽しむのが賢明でしょう。

自分らしいネイルが完成した時の喜びを思えば、ネイルにかけたお金など些細なこと。
指先を見るたびにハッピーな気持ちになれるなら、それって素敵な投資だと思いませんか。
ただ、ネイル用品の散財がストレスになっては本末転倒。
自分なりの予算感覚を大切にしながら、上手にネイルライフを楽しんでいきたいものですね。

5000円 ネイル代
たまにほしい色のジェルを買い足したりするくらいなので高くても千円
2千円(ジェルネイル)
3000円くらい
ネイルカラー、500円
パーツ、500円
400円くらい(1度購入したら気に入って他の色を購入しなくなるので)

まとめ

星空をモチーフにしたネイル

ネイルという趣味の楽しさ、少しは伝わりましたでしょうか。
自分の指先に自信が持てたら、きっと毎日がもっとキラキラ輝き出すはず。
ささやかでも、自分磨きの時間を持てるのはすばらしいことだと思うのです。

確かにネイルの技術習得は一朝一夕にはいきません。
セルフネイル特有の難しさに、挫折を味わうこともあるかもしれません。
それでも諦めずに練習を重ねれば、いつか理想のデザインが指先で実現できる日がくるはず。
自分の手でキレイを作り上げる喜びは、ネイル女子にしか味わえない至福の体験なのです。

忙しい毎日の合間に、大好きなネイルで自分らしさを表現する。
ストレス発散にもなるネイルタイムを、生活に上手に取り入れていけたら素敵ですよね。
流行のデザインを楽しむもよし、自分だけのオリジナルネイルを生み出すもよし。
指先から始める、ちょっぴり贅沢なおしゃれを思う存分堪能してみてはいかがでしょうか。

ネイルを通して自分らしさを表現できたら。
ポリッシュを塗るたびに、女子力が上がる予感がしたら。
指先のおしゃれに心躍らせながら、ワクワクが止まらなくなったら。
その時こそ、あなたはネイル女子の仲間入り。
素敵なネイルライフが、もう目の前に広がっているはずですよ。