大人の趣味発見!
多趣味になる?一生モノの趣味を見つける?
スポーツ・運動

空手 ~ 精神力と自信の向上、健康的なライフスタイルへ

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

空手を始めると、心と体の両方が鍛えられ、自信がつき、人生が変わるかもしれません。

この記事では、空手の魅力やメリット、デメリットなどを紹介します。

趣味探し中のあなたにとって、空手は新たな人生のスタートになる可能性もありますよ。

こんな人にお勧め!

空手は、自分自身の心と体を鍛えたい人におすすめの趣味です。
特に、以下のような方に向いていると言えます。

  • 身体を鍛えたい人
    全身運動なので、体力づくりに最適。筋力や柔軟性も高められます。
  • 精神的に強くなりたい人
    空手を通じて精神力が鍛えられ、ストレス耐性が高まります。
    身体を鍛えるに連れ、自身が付き精神面も安定します。
  • 交友関係を広げ、コミュニケーション能力を高めたい人
    空手は集団スポーツなので、コミュニケーション力が養われます。
    道場で幅広い世代、異業種の友人が増えます。

始めたきっかけ

空手を始めるきっかけとして多いのが、健康維持や身体づくりのためです。空手は全身を使う運動なので、体力づくりに最適です。運動不足解消やメタボ対策として空手を始めるケースが多いです。

また、ストレス解消を目的とする人もいます。空手を通じて集中力が身につき、いい汗もかいてストレス発散。精神的に安定する効果があります。

護身術を身につけたいという目的で始める人もいます。空手には基本的な防御技術が多数含まれるので、実生活での防衛力が高まります。

  • いまの仕事はデスクワークがほとんどで、駅から職場まで歩くくらいしか運動していませんでした。「なんだか階段を昇っただけで疲れるなあ」と思ったのが空手を始めたきっかけです。高校生のころ空手部に所属していたので、「楽しく」運動できる趣味として再び空手を始めました。(20代 男性)
  • 運動不足で筋トレついでに格闘技をしたいと思った事がきっかけです。(20代 男性)
  • 職場の同僚が既に習っていて誘われたから(30代 女性)
  • 空手バカ一代という漫画をたまたま見て空手に興味を持ったから。(20代 男性)
  • 友人がスクールに通っているのを知り、自分も興味がわきました。(40代 女性)
  • 自身が強くなりたくて始めました。(20代 男性)
  • 昔からやってみたいと思っていたから(30代 女性)
  • 子供が習いだしたから(40代 女性)

よかったこと・メリット

空手を始めるメリットは大きく分けて、心の成長と体の成長の2つがあります。

心の成長では、強い精神力が身につきます。
空手の稽古では我慢強く繰り返し練習しなければなりません。その過程で辛抱強さと忍耐力が養われ、精神力が高まります。また、空手は集団稽古なので、人と協調する力も身につきます。

体の成長では、筋力の向上、身体の柔軟性向上、体幹の強化など全身の鍛錬効果があります。
特に足腰の強化は空手ならではのメリットです。体力の向上と共に体幹バランス能力も高まるので、動きの安定性が生まれます。

このほか、姿勢が矯正されたり、免疫力が高まったりと、身体の機能全般が高められるのが空手の良いところです。

そして、道場で新しい友人や仲間を得ることも大きなメリットと言えるでしょう。

空手には大きく言って2つの練習があり、それぞれ組み手と型と言われます。
組み手というのは、かなり簡単に言うと殴り合いのことです。2人で相対して互いに突きや蹴りなどの技を掛け合う練習です。
型というのは、空手の技を決められた順番で行う練習方法です。型を練習することによって、空手の基本である立ち方や正しい技の繰り出し方を学ぶことができます。
型の練習はかなり負荷が高いです!型の1つである「ジオン」では、「前屈立ち」がほとんどの時間を占めています。
空手を知らない人に説明すると、前屈立ちは学生のころにやったアキレス腱の運動でもっと腰を落とした姿勢になります。前屈立ちでは、前足の膝が親指の真上になるくらいまで膝をまげます。そのときに重心は身体の中心からやや前よりまでにあるようにします。実際にやってみればわかると思うですが、前屈立ちを維持するのは結構キツイ運動です。
これが良い筋トレになります。筋肉の疲労に耐えることで、自分の型が上手になるのが空手の魅力です。
(20代 男性 趣味歴1年~3年未満)
空手はカッコいいし、いざと言う時には自分の力になってくれると思っていたのでとても魅力的でした。
筋トレも兼ねて空手を習う事によってもっと自分にも自信が持てるようになります。
運動不足解消と言うよりも、エクササイズとしては非常に効果のある練習が多かったと思うので良かったかもしれません。
(20代 男性 趣味歴6ヶ月~1年未満)
体をかなり動かすので、運動習慣がつき、筋肉がたくさんつきました。
体を動かすことで気分転換にもなります。
また、汗をたくさんかくようになり肌の調子もよくなりました。
以前より自分に自信を持てるようになり、護身術として空手ができることで夜道も前よりは怖くなくなりました。
(30代 女性 趣味歴1年~3年未満)
空手道場に通い実際に師範について鍛錬に励みました。練習する時の集中力や武士道の精神的なことを学ぶことによって、社会生活においても、とても役に立ちました。
いざとなれば、護身術としても使えるのでありがたかった。
逆にそういう技術を持っているということは、生きる上での自信にもつながるので、やってよかったと思います。
想像していたよりもアットホームな空間で、リラックスしながら学べました。
自分のレベルに合わせた指導だったことも利点です。
ついていけないとたいへんかもしれませんが、続けることができました。
体力的なことだけでなく、集中する力も身についたと実感しています。
(40代 女性 趣味歴1年~3年未満)
2年前ぐらいから始めてますが、弱々しかった自身を強くさせることが出来ていて良いことだなと実感しています。
もちろん、蹴りやパンチ等の強さだけじゃなく精神もすごく鍛えられていますので嬉しいです。
弱い精神を強く出来るようになりますので、それが魅力の1つでもあります。
(20代 男性 趣味歴1年~3年未満)
昔からやってみたいと思っていて、なかなか出来ずにここまで大人になってしまいました。
魅力としては、礼儀を学べることです。始まりや終わりの挨拶などの礼儀をしっかりできます。
また、型も決まるとかっこいいので魅力的だと思いました。早く上手にできるようになりたいです
(30代 女性 趣味歴6ヶ月~1年未満)
ズバリ冷え性がなくなりました。そして姿勢がとても良くなり肩こり腰痛もなくなりました。
体調がスゴく良くなり身体が軽くなり子供も空手をしているので一緒に形の練習をしたり構え形を覚えたりとても楽しんで練習しています。
子供との共通点ができ会話が増えました。
(40代 女性 趣味歴1年~3年未満)

残念なところも・デメリット

空手には心技体のバランスが大切ですが、稽古初期には体力づくりに偏りがちです。そのため、運動量が多くなり体への負担が大きくなる場合があります。適度な休養が必要で、無理のないペースで上達を目指すことが大切です。

また、組手稽古では打撃を受けるため怪我をするケースがあります。

集団稽古の性質上、先輩後輩の区別が厳しく、時に指導が厳しく感じられることもあるかもしれません。道場によって雰囲気が異なるので、性格に合った道場を選ぶことをおすすめします。

格闘技と言っても型が中心の教室だったのであまり実戦的な練習ではなく自分に自信を持てなかった。
体力が必要なので、自主トレが必要なこと
二つぐらい道場で鍛錬しましたが、最初の道場は直接打撃する練習方法でけが人が絶えなかったのです。
ですので半年ぐらいで辞めました。
次の道場は型が中心の道場でしたのでそこでは長く通うことができました。
仕事をしていると、中々空手に通えないのが残念なことです。
思ってたよりも大会や練習試合が多いことです。

学習方法を教えて下さい

空手の学習は基本的には指導者の下、道場での集団稽古が中心になります。最初は基本動作を反復練習し、徐々に組手(対人)稽古へ移行していきます。

稽古次第で段級位の昇級審査があり、昇級ごとに新たな形を習得していきます。昇級には精神面での成長も求められます。

自宅でできるトレーニングとして、ストレッチ、腹筋、スクワットなどの筋トレが有効です。ジョギングなど有酸素運動もいいでしょう。
稽古中に撮影した動画やYouTubeを活用して形の動きを確認するのもいいでしょう。

家の近くの空手道場で練習しています。
組み手が苦手な人ややりたくない人も多いので、その人達と一緒に型の練習を行い、互いにアドバイス(立ち方がぶれている、脚が上がっていない、キメが足りないなど)をして技術を高めています。
フィットネスや軽い運動という感じで参加している方も多いので厳しい雰囲気にならずに練習できるのが嬉しいです。
地元の空手教室に通っています。
教室は子どももいて賑やかな教室で楽しいです。
型を反復して練習しますので、空手が身に付きます。
地域の空手教室に参加しています。女性の会員が多く、習いやすい雰囲気です。
レッスン以外の日も家で型の練習をしています。
二番目の道場では師範から直接学び、基本から型、そして組手まで習うことができました。
少年部などもありにぎやかで楽しい道場でした。
一番の思い出は何といっても夏の合宿です。忘れられないほど楽しかったです。
都内にある空手スクールに通いました。
駅の近くにあったので、天候が良くない時も通いやすかったです。
また、続けられた理由の1つでもあります。
地元の空手教室に通っていることもそうなのですが、時にはYouTubeを見て参考にしてもらっています。初心者からでも始められて良いです。
自宅近くの、教室に通って習っています。
仕事終わりの、たのしみとして、通うことができています。息抜きになります。
晩ごはんを食べた後に子供と一緒に形の練習をしています。
その練習をするために晩ごはんの支度を早めにして段取りをしサッと動けるようになりました。

始めるのにかかった費用・必要な道具

空手を始めるにあたっての主な費用は、道着と道場への入会費と月会費です。

道着は上下セットで1万円前後。

そのほか、道場によっては入会金や月謝がかかります。入会金は5000円前後、月謝は5000〜1万円程度が一般的です。

高校生のころに購入した用品を使っているので初期費用についてはわかりません。
ただ、ほとんどの道場では型から練習すると思うので、空手用のアレコレ(道着、組み手用の防具など)は始めたばかりでは購入する必要はないと思います。
率直に言って、型の練習ではTシャツにハーフパンツで問題ありません。
空手を続ける気になって初めて、道着や防具を買った方が良いと思います。
入会直後に用品の購入を勧めてくる道場はあまり良い道場とは言えないと思います。
5000円(ジャージ上下)
2万円(道着、レッスン料)
空手着、バッグなどで1万円。
1万円(入会金、月額費)
空手教室 4000円
服などに合計1万程度
三万円(胴着、プロテクター、券サポーター)

趣味に毎月いくら使っていますか?

6000円
1万5000円(月謝)
5000円(レッスン料)
月謝7000円
交通費2000円
他都度
5千円(月額費)
空手教室4000円
7000円 月謝
5000円 月謝

まとめ

空手を始めると、心身の成長が期待でき、自信が持てるようになります。
ただし準備運動が重要で、無理のないペースで続けることが継続の秘訣です。

趣味探し中のあなた、空手の世界をのぞいてみてはいかがでしょうか。必要な費用も手頃な範囲内で楽しめます。

空手を始めるメリットは大きいです。
精神面では忍耐力やストレス耐性が鍛えられ、心が強靭になります。
体力的にも全身運動なので体幹が鍛えられ筋肉がつき、体力づくりに最適です。
動きの安定性も身につきます。稽古を重ねることで、心と身体の両面で確実に強くなれるのが魅力的です。

趣味として楽しみながら、生涯にわたって心技体の発達が期待できるのが空手なのです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です