大人の趣味発見!
多趣味になる?一生モノの趣味を見つける?
スポーツ・運動

スキューバダイビング

始めたきっかけ

  • 旅行でセブ島に行ったときに体験ダイビング(ライセンス不要)をして楽しかったので、帰国後ライセンスを取得して趣味にした。(40代 男性)
  • 大学のメンバーで卒業旅行としてダイビングの免許を取ってから定期的に大学のメンバーと遊ぶときに趣味の一環としてダイビングに行っています。(20代 女性)
  • 以前からずっと興味はあったのですが、オーストラリアにワーキングホリデーに行く前にライセンスを取りたくて、サイパンで取ったのがきっかけです。
    (30代 女性)
  • 妻の影響ではじめるようになりました。(40代 男性)
  • ずっと前からやっていた友達から誘われて始めました。(30代 女性)
  • 中学生のころから夢だったから(30代 女性)
  • 知り合いがスキューバダイビングをしていると聞いたことがきっかけです。(30代 女性)
  • 友人がしていたのがきっかけです(40代 女性)

よかったこと・メリット

水中を楽しんだり水中撮影をしたり非日常が体験できること、一緒に潜った人とは年齢性別職業関係なく打ち解けられることが魅力です。
マリンスポーツですが特に競う物でもなく助け合いの精神があるので気負わず挑戦できるのもいいです。
実際のライセンス取得はそこまでの難易度ではないのですが、水に潜るということでスキューバダイビングをやっていない友達に話すと一目置かれるのも優越感があります。
(40代 男性 趣味歴5年以上)
ダイビングの魅力は好きな時に潜れて皆が普段は見ることの出来ない海底の景色を見ることが出来ることです。
ダイビング中は、会話は出来ませんがスケッチ板でコミュニケーションをとるのが私にとって少し面白く好きなところです。
また、ガイドさんが着いていると海底の素晴らしい景色を案内して下さるのでとてもスッキリとした気持ちになれる所が良いところです。
(20代 女性 趣味歴3年~5年未満)
日本を含め、様々な国に行った際に、陸だけでなく海も楽しめることで世界が広がることです。
また、旅先で他のダイバーの方と一緒に潜ることで出会いも生まれ、潜った後に一緒に食事したり飲んだりする楽しみも増えました。
でも何より海でマンタやジンベイザメ、クジラなどを間近で見れたことや、海中の美しい景色は本当に忘れられない感動を味わえます!
(30代 女性 趣味歴5年以上)
腰痛持ちでしたが、海中では驚くほど身体が軽くなるので、無理なく運動することができました。筋力アップしたおかげで、腰痛が軽減できたので感謝しています。
また、今までにない絶景を見ることによって、日常のストレスを解消することができました。友人も増えたので、ダイビングをはじめて良かったです。
(40代 男性 趣味歴5年以上)
海外、国内どちらも問わず、自然がきれいな場所に行けることです。
朝早起きして朝日がまぶしい海の上をボートで移動するところから非日常感を味わえますし、海の中にはサンゴはカラフルな魚、場所によってはイルカやウミガメなど、水族館でしか見たことがない生き物と一緒に泳ぐことができます。
海外だと潜るポイントに他の国の人がいたりして、国際交流も楽しめます。
(30代 女性 趣味歴5年以上)
余計な騒音がしない。聞こえるのは自分の呼吸の音だけ。一緒に潜る人とのコミュニケーションは数少ないボディランゲージのみ。適度な距離があり、海が1人だけの空間のように感じる。水の中で呼吸ができるという摩訶不思議な感覚と、海からあがったときの程よい疲労感と心地よい達成感。
(30代 女性 趣味歴5年以上)
海や自然に興味を持つようになって、世界が広がった感じがします。
ストレス発散にも繋がり人間って生かされてるんだなぁと自然の偉大さに気づかされます。
水族館ではなく実際に泳いでいる海の中の魚や生物を観れるのがなんといっても醍醐味です。自身も泳ぎながら泳いでる魚をみれるのでやみつきです。
(30代 女性 趣味歴1年~3年未満)
海の中は、地上では体験できない特別感があります。最大の魅力はなんといっても海の中にいる美しい生物を見れることです。1度体験すれば誰もが癒されることでしょう。
また、足腰が鍛えられることもスキューバダイビングのポイントです。良い運動だと思っています。
(40代 女性 趣味歴1年~3年未満)

残念なところも・デメリット

お金がかかります。
伊豆などのダイビングスポットへの交通費、タンクレンタル代、機材、ウェットスーツのレンタル代など。
毎回レンタルするのがもったいないと思って自分の機材とウェットスーツを買いましたが数十万かかりました。
ダイビング中に足を吊ってしまったときはパニックになり溺れかけた事があったのでそこは注意が必要です。
また、ダイビング中に笑わせて来る友達がいる方は注意して下さい。潜っている時に笑ってしまうと溺れかけるので冷静に受け止めるようにして下さい。
残念だったことは一度もありません。
船酔いをしてしまうこと。インストラクターさんに言ったら海の中に吐けばいいよと言うので従ったら、魚が集まってきた。
あと、トイレは水中ですること。嫌ではないけどダイビングをする前に想像もしてなかった。
わたしは船酔いが酷かった。
潜っても海中のうねりで酔う。
とにかく酔いとの戦い。
スキューバダイビングは耳抜きが出来ないと致命傷ということで、中々耳抜きができずに苦労しました。

学習方法を教えて下さい

通常のファンダイビングをすることで1日に2本ずつダイビングの経験を積むことができます。経験本数に応じて潜れるポイントも増えていきます。
また、PADIというスキューバダイビング協会でライセンスにランクがあり、講習を受けることでステップアップすることが出来ます。例えば最初のオープンウォーターライセンスは15mまでしか潜れませんが、アドバンスドオープンウォーターライセンスを取得すると40mまで潜れるようになります。
私はフィリピンのダイビングの免許をとるツアーで免許を取得後は大学のメンバーと沖縄で潜るようにしています。
学習方法としてはひたすら経験値を増やすことです。なので出来るだけ沢山潜るようにしています。
様々なコンディションの海で潜ること。
ブランクがある時は講習を受けるようにしています。
レスキューダイバーのライセンスを勉強のためにとりました。
地元のダイビング教室に家族で参加しています。顔なじみになっているので、とても気持ちよく練習しています。
ダイビングのライセンス取得と飛行機、ホテルがセットになったパックに申し込むのが早いし簡単です。
お値段は国内も海外もそう変わらないので、せっかくだから海外の日本人インストラクターがいるショップにするととてもよい思い出になります。
また、水温がある程度保たれている時期にした方が寒なくないのでいいと思います。
スキルに関しては雑誌、YouTubeの動画を見て予習することもできます。
ダイビングショップで座学、プール講習、海洋講習を数回行いました。
海洋講習がスムーズにいかなければ追加講習を受けます。
先輩ダイバーや講師に教わり最初は見様見真似で教えてもらいますが、ライセンスとったあとは、自己流に先輩のを見様見真似でやっています。経験を積むことが大事です。
スキューバダイビングスクールに通いました。わりとトントン拍子に進められたのではないかと思っています。

始めるのにかかった費用・必要な道具

オープンウォーターライセンス講習3日間15万円くらい
私は全てレンタルなので諸費用は免許を取得するのにかかった費用だけです。
免許取得するのにかかったお金は3万円くらいです。
パックだったので内訳が不明ですが、渡航費ホテル代などを含めて10万円弱です。
シュノーケルセット5000円、その他は基本レンタルなので初期費用はないです。
ライセンス取得費用(飛行機、ホテル、講習のセット)60000円
フィン 10000円
マスク&シュノーケル 5000円
ダイブコンピューター 30000円
5〜6万円
ウエットスーツなど一式15万円
5万円(ライセンス)
2万円(レンタルや練習場の利用料金数日)

趣味に毎月いくら使っていますか?

ダイビング費用1万円
交通費2万円
毎月宿泊2万
ガイド料5000円
レンタル代15000円
今はコロナであちこち潜れていませんが、以前は、交通費1万5,000円、ダイビング費用1万5,000円、宿1万円くらいです。
月1万円ぐらい
毎月は払ってません。ダイビングに行く時だけ。
2万→ダイビング代、機材レンタル代
5千→ホテル代
1万→飛行機代
5〜1万円程度
5千円(レンタル料金)

おすすめのダイビングスポットを教えて下さい

伊豆海洋公園
フィリピンのマクタン島です。
オーストラリアのリボンリーフ
恩納村
サイパン
奄美大島の隣のカケロマ島のスリ浜
沖縄か熱海
沖縄

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です